自分の肌に比べて、他人の肌がキレイで羨ましく思った経験がある人は多いのではないでしょうか。もちろんモデルやタレントさんともなれば、肌の手入れにも気を遣っているでしょうから、憧れている人もいると思います。ただ、いくらキレイな肌を手に入れたいと思っていても、ヒアルロン注射などをするとなると、さすがにそこまではやる気にならない人も多いでしょう。

少しでも自分の年齢よりも若く保っておきたいとか、そういった気持ちは誰にでもあると思います。その為には、普段からしっかりと洗顔や保湿に気を遣っておくことも大切なのです。

洗浄力よりも肌に合った成分が安全な洗顔石鹸を選ぶようにしましょう

■洗顔石鹸の成分に注目
例えば洗顔ですが、いつも使っている洗顔石鹸の成分に注目している人はどれだけいるでしょうか。誰かにいいと勧められたから使っているという人もいるでしょうし、洗顔石鹸の成分など気にしたこともないという人もいるかもしれません。洗顔フォームには合成界面活性剤が含まれていて、洗浄力に役立っている事があります。

ただ、洗浄力があるというだけでは無く、肌に刺激となる成分でもあるので、人によっては肌荒れの原因になるかもしれません。敏感肌になっている場合など、刺激になりそうな成分が含まれているものは避けた方がいいかもしれないのです。洗浄力があればいいと思っている人もいますが、自分の肌に合うものを選ぶ事が一番重要なのです。

◆洗顔石鹸って乾燥がひどくなる?
洗顔石鹸はクリーム状の洗顔フォームタイプと違い、乾燥してしまうという人もいるらしいですが、洗顔石鹸って点炎成分で洗顔しますからお肌にそこまで強い刺激は与えないですよ。洗顔フォームの中には合成界面活性剤が入っていますので、使用方法次第でお肌に強く刺激を与えてしまい、そのせいでお肌を逆に傷つける恐れがあるのです。

固形石鹸タイプの場合アルカリ性が多いので、お肌を活性化する事で、つっぱった感じにならないのです。お肌がつっぱってしまう=乾燥とイメージしてしまいますから、大抵の方は使わないという結果になるのでしょう。でも、つっぱる事は多少はお肌に必要不可欠な皮脂を分泌する為にも大事な事ですから、必ずしもつっぱりがいけない事ではありません。

敏感肌・乾燥肌タイプという人はつっぱる事に抵抗を感じてしまうかもしれませんが、保湿をしっかり行い、角質層の奥の方に水分を与えておけば大丈夫です。お肌は弱酸性ですし、洗顔石鹸は弱アルカリ性で使って平気なのか??と思ってしまう人が多いと思うのですが、弱アルカリ性石鹸で顔を洗ってお肌がアルカリ性へ傾いた所で、時間と共に弱酸性へと戻ってきますから、特に不安を感じる必要はないですよ。

保湿成分が入っている洗顔石鹸は最近では品揃えも豊富ですから、乾燥が気になっているという人の場合、天然保湿成分が多く含まれるものを見つけてみましょう。グリセリンが入っているか?否か?でも洗顔後の感じは違ってきますから、つっぱりが気になっている人の場合色々調べてみてみると良いと思います。